2009年11月8日日曜日

焼きそば(11/3)とパワエレ調査専門委員会(11/4, 東京)

怒涛の一週間であった.
記録の意味も含めてエントリー.
(駄ネタですみません.いつもそうだけど)

11月3日(火) 文化の日.
朝から焼きそばを焼いていた.
私が住んでいる町の祭りが開催された.
そこで,息子がお世話になっている
地域の団体も焼きそばのテントを出展したので,
お手伝いをしたのである.
正確に言うと,鉄板でそばを焼いていたのではない.
鉄板の後ろで,そばやキャベツ,豚肉の準備,
ソースの計量をしていただけなのであるが...
実は昨年も同じお手伝いをさせていただいた.
こうした機会は,つねづね息子がお世話になっている
ことへの恩返しということで,有り難い.
なかなかこのようなチャンスがなければ,
感謝をお伝えできることができないからである.
当日は,かなり冷えたので祭りへの人出も
いくぶん昨年より少なく,苦戦はしたけれど,
焼きそばは700食完売.十分な利潤を上げることができた.
夜はぐっすりと眠りにつく.

11月4日(水).
電気学会の配電系統関連のパワーエレクトロニクス技術に
関する調査専門委員会が東京で開かれる.
これから技術報告書作成を行うということで,
内容について議論をする.
こうした電気学会の調査専門委員会がまとめる技術報告書は
なかなか資料価値が高い.
ボランタリで委員の方々にはご参加いただいているのだが,
直接参加いただいている委員の方々にとっても,
学会員にとっても有意義な会であると思う.
今回の報告書は,配電系統のコンポーネントとなる
パワエレ機器だけでなく,それが適用されたマイクログリッド,
新エネルギーシステムなどについても最新の結果が
網羅される予定である.
また,船舶,航空機などの移動体における
配電システムについても紹介する予定である.
実は私も今回の委員会で初めて知ったのだけれど,
船舶などは船そのものが動くマイクログリッドであるので,
古くから先進的な電力マネージメント制御を適用している.
(停電は,船の危険に直結する非常事態である)
電気学会の会員の方々に,こうした情報をご紹介できるのは,
珍しいことになるのではないだろうか.
前委員会の報告書の売り上げは非常に良かったということで
昨年は学会から賞をいただいている.
今回も好評を得られるよう,努力をしたいものである.

夜は懇親会.
やはり同じバックグラウンドを持つ人たちと
話すことは楽しい.
もうこの調査専門委員会も終わりかと思うと
さびしいと感じる...

長くなってきたので,以降は別エントリーにて.

0 件のコメント:

コメントを投稿

なぜ人はスポーツ観戦で感動するのか

ワールドカップも大詰め.優勝はフランスかクロアチアの二国のどちらかになった. 私はウィンブルドンやオリンピックを見ても思うのだけど,なぜ人はサッカーやテニス,オリンピックのゲームを見て熱中するのか,不思議なのである. 自分がサッカーのゲームを会場で行っているわけでは全くな...