2010年12月27日月曜日

「打ち合わせ会」に研究室のあるべき姿を見た

先週の金曜日は,研究室の忘年会で,
とりあえず一年の締め.
夜は梅田で楽しく過ごした.

忘年会は金曜日だったけれど,先週は
月曜日からは「打ち合わせ会」と呼ばれる,
学生からの進捗状況報告会が続いたのだった.

一人一人,10~15分程度自分の研究の
進捗状況を報告し,その内容について
15分程度議論するのだけど,
これが修士論文,卒業論文を見越したもので
なければならないから,当然議論(というか,教員からの質問)は
厳しいものになるわけで,学生たちは戦々恐々として準備する.

一ヶ月くらい前からは,研究室の雰囲気も
ずいぶん盛り上がってきて,あぁ,卒業が
近づいているのだなぁと,この時期になると実感する.

総発表人数は,なんと31名.
平均30分としても,15時間以上,
学生の皆さんの報告を聞くことになる.
実際には4日間に分けて聞いたのだけど,
やっぱりそれなりに疲労する.
学生の皆さんも大変だけれど,
教員だって大変なんだってば,と言いたい.

しかし,感激したのは,この打ち合わせ会が終わってからも,
学生の皆さんが各自,同僚や先輩,後輩と
個別に議論していること.
みな自分の研究を少しでも良くしようと
真剣なのである.

...素晴らしいよ.
これこそが研究室のあるべき姿なのだと,
私はヨヨと涙したくらいである(涙はウソ).
いいなぁ,本当に感激しました.

しかし,これが正月を過ぎると,
またなにかが落ちてしまうんだよなぁ.
(というか,ネジがゆるむというか)

まぁ,私も正月,脳みそが奈良漬け状態になるだろうから,
人のこといえないのだけれど,
新しい年は,研究意欲に満ちあふれた状態で
ぜひ迎えていただきたいなぁ,と思うのである.

2 件のコメント:

  1. 御祈りしております。
    伊瀬研OBの服部、大西と山西です。
    三浦先生にご指導いただいたことを、日々の研究にいかさせていただいております。
    三浦先生と伊瀬研究室のますますの発展を御祈りしております。

    返信削除
  2. コメント,どうも有難う.
    うそでも,おせじでも,
    みなさんのコメントはうれしいです.
    服部君,大西君は年末に
    研究室に来てくれたのでしょうか.
    どうも有難う.
    お会いできず,残念です...
    (しかし,なぜ山西くんがOBの名前に?)
    私としては,みなさんに希望することは
    ただひとつ,それぞれなんとか
    幸せに生きてください.
    たまに顔を見せてくれるだけで
    うれしいです.
    元気でやっているとの報せを
    聞くだけで十分です.
    みなさんの活躍をお祈りしております.

    では,では.

    返信削除