2011年3月6日日曜日

家電店で時間をつぶすことは...

昨日,梅田で会議があって,
その帰りに,ヨドバシカメラにちょっとだけ
寄ってみた.

私のようなものだと,
ヨドバシカメラに一日中いても飽きないのだけれど,
昨日は,ほんの20分程度.
非常に不満足の滞在時間だった.

大型電器店に長時間いるというのは
一般の人からみると,どうもヘンらしい.
以前,研究室の秘書さんが,私に話すに,

「~君って,ヨドバシに何時間もいたんですって.
何をしているの,と聞いたら,
モノを見て,カタログを見ている,というんですよ.
並んでいる家電を見てニヤニヤしているって,
気持ち悪くないですか?」

(詳細は忘れましたが,だいたい
こんな内容でした)

という.
いやいや,私もそうなんですが...

家電なんて,本当に最新技術が
コスト低減と両立して提供されている,
素晴らしい製品なのである.
カタログから読み取れる性能に感動したり,
それでいて,その行間を読むように,
裏事情を想像したりする.
それが楽しいのである.

ここまで書いてみて,
やっぱり一般の趣味ではないのかもしれないと思う.
しかし私なんて,たまに家電店に行くくらいのもの.
本当のマニアは桁違いにすごいものである.

あぁ,いいなぁ.
そんな人が増えていったら,
日本の電機業界も安心なのだろうけれど.

0 件のコメント:

コメントを投稿