2013年6月25日火曜日

弁理士の日記念事業 講演会 「再生可能エネルギーがつくる明るい未来」

紹介が遅れてしまってたいへん申し訳ないのですが,下記のとおり6月30日(日)に,専門家ではない一般の方向けに,講演会を行うことになりました.締め切り関係なく,現在も申し込み受け付け中とのことですので,ご興味のある方は,足をお運び下さい.

再生可能エネルギーの普及が進まない理由な何なのか,そしてスマートグリッドがなぜ解決策となるのか,わかりやすくご説明する予定です.また,講演の後半は,会場からのご質問をお受けする予定です.肩肘を張らないカジュアルな雰囲気で進めるつもりですので,ぜひ奮ってご参加下さい!(参加費無料です)

「- 平成25年度 弁理士の日記念事業 -(滋賀地区)」
■記念講演会「再生可能エネルギーがつくる明るい未来」

日時: 平成25年6月30日(日)15:00~16:45
会場: 草津市立まちづくりセンター301号室
主催: 日本弁理士会近畿支部
参加費無料
申込は下記のページからできるとのことです.
※日本弁理士会近畿支部のページ
http://www.kjpaa.jp/seminar/26972.html

#残念ながら,同日予定されている,親子工作教室「親子で 燃料電池カーを作ろう」の方はもう参加申込が締め切られたそうです...

以上,よろしくお願いいたします.

2013年6月17日月曜日

カローラというクオリティ

オーストラリアに行ったり,風邪を引いたり,そしていろいろあったりで,しばらく全然活動できなかった.今週から復活の狼煙をあげよう...ということで,今日は自動車の話題.

2ヶ月ほど前に車を乗り換えた.中古である.10年以上乗ってきた車がそろそろ買い換え時になったので,年度末を契機に乗り換えたのである.

購入した車はカローラフィールダー.乗ってみて,そのクオリティに驚いた.この値段だったら文句のつけようがないと思った.

もちろん,高級車の乗り心地は無い.内装もそれなりだし,見た目もやぼったい.しかし,街乗り車としては申し分ないのだ.燃費もいいし,それなりにエンジンも吹き上がる.私はスポーツ車が欲しかったわけでないし,軽自動車やコンパクトカーが欲しかったわけでもない.ちょうどこのくらいのサイズが良かった.

カローラというのは,やっぱりカローラなのだけれど,そこにひとつの行き着いた境地があるように思う.ずば抜けて優れている,ということは無いけれど,どれもがそこそこのクオリティを持ち,それらのバランスがとれている.そこが素晴らしいと思うのである.

マンガ「美味しんぼ」に出てきたハンバーガーの話を思い出す.パティ(肉)だけが良くても,ハンバーガー全体としての美味しさは得られない.パティの品質はそれほどでなくとも,バンズ(パン)とのバランスがハンバーガーとしての美味しさを引き立てるというエピソードだった.

まさにそのバランスがカローラにあると思う.たぶん自動車の運転を楽しむ人にはカローラは物足りないに違いない.しかし,庶民の足としてのクオリティには必要かつ十分なのだ.

運転席に乗った瞬間に,カローラ品質を感じる.カローラに体現されたトヨタの哲学を感じる.そしてやっぱり自分が庶民であることを実感するのである(笑).