2011年7月6日水曜日

和田慎二さんの訃報に思う: 海槌麗巳@スケバン刑事 は素敵だった

今日の夕方,大阪は雨.
昼間のストレスを発散に,
外に走りに行けないのが本当に残念.
「走る」ことの素晴らしさを,
走れない雨の日に思う.

さて,本日ニュースで知ったのだけれど,
漫画家の「和田慎二」氏が急逝されたのだそう.
ご冥福をお祈りいたします.

私が少女マンガも読んでいたという話
前にもしたけれど,
少女誌であっても少年誌顔負けの
アクションマンガもいくつかあって,
それはそれで楽しみにしていたものである.

その中のひとつが,「スケバン刑事」.
和田氏の作品である.
もちろん,「スケバン刑事」だけではない.
超少女明日香」シリーズ(別マ?花とゆめ?)や,
ピグマリオ」(なぜか合氣道部の部室にあった),
怪盗アマリリス」シリーズなんてずいぶん読んだ.
(いや,今は内容をほとんど覚えていないのだが...)

好きだったのは「超少女明日香」シリーズ.
一種の変身ヒロインものといえると思うのだけれど,
通常時のお手伝いさん(断じて,「メイド」ではない)と
変身時の姿とのギャップがいいんだなぁ.

しかし,もっとも好きな登場人物は誰かといえば,
それは断然「海槌麗巳(みずちれみ)」.
スケバン刑事における主人公 麻宮サキの
最大・最悪の敵である.

斎藤由貴主演のテレビシリーズ
「スケバン刑事」では,高橋ひとみさんが
レミを演じられていたけれど,
サキを挑発する高笑いが忘れられない.
(「ホホホ」と笑う)

原作の方もたいへん魅力的.
あの吊り上がった三白眼がたまらない.
悪の信奉者であり,自分の妹たちも
容赦なく切り捨てる.
サキの最大のライバルにして,実は「友」.
そんな設定もよかったなぁ.

もう麻宮サキが活躍するのを
見ることができないかと思うと本当に寂しい.
あの独特な絵柄が懐かしい.
こうやってひとつずつ私の青春も終わっていく.

#研究室の学生に和田氏のことを尋ねたら
全く知らず,代表作を教えてあげたら,
「あぁ,昔の漫画家の方ですね」と言われた(涙)

0 件のコメント:

コメントを投稿