2011年10月5日水曜日

iPhone 4Sには,ほんとうにガッカリ.

iPhone5ではなかった.
こんなにがっかりしたのは久しぶりである.

他の人とは違う携帯電話が欲しい.
あるいは自分がアーリーアダプタとはいわないまでも
先行したユーザーでありたい.
そう思っていたのに...

なぜiPhone4Sに魅力を感じないか.
それはなんたって,外見がiPhone4と
区別がつかないからである.
これじゃ,あの人と同じものを私も持っている,
ということになってしまう.
人と違うものを持っている,ということが大切なのだ.
それがブランドの価値である.

とにかくカッコなのである.
いくらiPhone4よりも処理速度が速く,
便利な機能がついていようとも,
見た目がいっしょならば,魅力半減なのだ.
本当ならばそんなもの買いたくない!

しかし...
私の携帯電話はすでに限界だ.
電池が疲れ果てていて,通話をすると
数分で電池が切れてしまう.
今は専らメール端末として使用している.
もう換えなければ仕方がないのだ.
(電池を交換するのも癪なのだ.
すでに一度交換しているし)

仕方がない.
iPhone4Sの購入を検討しよう...
でも,なにかiPhone5が来年早々発表されそうな予感.
それが待てる余裕がある人は,
今はiPhone4Sに手を出さないのだろうなぁ.
悔しいなぁ.

iPhone5ではなく,iPhone4Sの発表だったということで
Appleの株価が一時下がったというニュースが
あったけれど,本当にがっかり.
せっかくAppleの製品に10年以上ぶりに
魅力を感じようとしていたのに.
はぁ...(ため息ばかり)

0 件のコメント:

コメントを投稿