2010年11月24日水曜日

薄型テレビ購入狂騒曲

エコポイントが半減するということで,
にわかに電気店が人出で一杯になっている.
特に薄型テレビは,例年の6倍売れているというから,
半年分の売り上げがこの11月までに
さばけるということか.

昨日のニュースを見ていると,
テレビ購入の受付だけで,200人待ちと
言われた人などもいて
(大阪のヨドバシらしいけれど)
結局,テレビは購入できない状況もある.
まさに狂騒曲といった感じである.

実は,私もテレビ購入を画策していたひとりで,
(なぜならいくら家電量販店でもなかなか
エコポイントの17000円や23000円などは
値引きしないから)
忙しい中にも夕方遅くに電気店に行ったりして,
状況を調べていた.

日曜日に,近くの量販店に行ってみると,
欲しいと思っていた37,40,42インチのテレビは
軒並み納期が12月下旬から来年1月だという.

政府は,補助の財源があと半年継続できる程度だとの
見通しで動いているようだが,
テレビが通常の6倍売れている状況を見ると,
とても来年2月,3月までは補助が続くまいと思う.
そう思うと,1月でも補助が打ち切られてしまう可能性が高い.
12月下旬も怪しいか...
(結局エコポイントは,申し込んだ順なのだし)

と思うと,その危険性を犯してまで
テレビを購入する必要は無いように思っていた.
(ブラウン管テレビはまだまだ映っているし).

しかし,昨日ある別のスーパーの中に出店している
量販店を訪れてみると,なんといろいろとまだ製品が
残っているのだという.
ちゃんと値引きもされている.
聞いてみれば,納期も明日から可能ですという.
ということで,一度はあきらめたテレビでしたが,
昨日購入してしまいました.
納期は週末.
申請を即座にしなければ...

電機メーカ,家電量販店などは
これから年末にかけてずいぶんと
売り上げが伸びているのだろうなぁ.
うらやましい.
(エアコンだって相当品薄である)

ただこうした政策は,
補助が切れたときの反動が大きく,
経済学的には,長期の視点で見て
マイナスなことが多いという.
たぶんテレビも来年になるとぐっと
価格が下がるだろうし...
(今は価格的には高い)
家電市場が来年冷え込まなければ良いのだけれど.

0 件のコメント:

コメントを投稿