2011年12月30日金曜日

iPhoneを探す: iPhoneが無ければダメ人間

昨日,iPhoneを忘れて出かけてしまった.
バスから降りて,手元に無いことに気づいた.
自宅に置き忘れたのか,途中で落としたのか,
全然覚えがない.

以前,携帯電話を落としてしまったときは本当に往生した.
結局,Softbankに電話して,場所を探してもらったのだけれど,
「一番近いアンテナのポイントから700m圏内にあります」と
言われたって,半径700mの円の中をすべて探すことは
実質不可能である.
その上,「ポイントはどこにあるのですか」と尋ねても,
「それはわかりかねます」としか答えてもらえないのだから,
本当に困ったものである.

しかし,今回は大丈夫であることを知っていた.
iPhoneには,「iPhoneを探す」というアプリがインストールされていて,
それが動いてさえいれば,iPhoneが現在どこにあるのかも,
そこにメッセージを表示させることも,最悪データを消去することも
できるようになっているのである.

学校に着いてPCでiPhoneを探してみる.
IDを入れて探すだけ.
案の定,自宅に青いマークが着いたマップが出て,
一分前に位置を確認したというメッセージが表示された.
iPhoneを自宅に忘れてきたであろうことが分かる.

いやいや,こんなに素晴らしいアプリができているとは.
本当に感心した.
特に物忘れの多い私にとっては,ありがたいツールである.
これで,どれだけ多くの人が助かっていることか.

使い方は簡単.
「iPhoneを探す」というアプリをダウンロードして
インストール.
設定で,「位置情報サービス」で,アプリを動くように
しておけばよい.
無くしたときには,icloudにアクセスして,
IDその他を入力すれば,すぐに探してくれる.
iPhone 4Sでは,最初からインストールされていて,
動作するようにデフォルトで設定されている.
iPhoneが売れるのもわかるような気がする.

しかし当日,私はこうしたアプリがあることを知っているにも
関わらず,本当に不安になっていた.
iPhoneを落としたかどうか,よりも,
iPhoneを使えないことが私をとにかく不安にさせたのである.

新大阪の駅にいたのだけれど,
どうやって大学に戻れば良いのかもわからない.
どこで昼食を食べて良いのかもわからない.
それどころか,iPhoneが無いと,次に何をしたらよいのかさえわからない.
私の生活は,すでにそこまで来てしまっているのである.
iPhoneが私のすべてを管理しており,
iPhoneによってネットにつながることのできない状況が,
私の有能感を無力化し,不安このうえない心持ちにさせる.
いまやiPhone無ければ,ダメ人間なのである.

今回,iPhoneを忘れたことによって痛感したのは,
このダメ人間ぶりなのである.
来年は,もう少しマシな人間になろうと思うのである.


0 件のコメント:

コメントを投稿