2010年9月17日金曜日

Atlantaという街

Atlantaに着いて3日が過ぎた.
会議でほとんどホテルにカンヅメだから,
どこを見たというわけでもないけれど,
Atlantaという街についての印象をまとめておく.

まずAtlantaは日本人率が低いように思う.
というより,まずは黒人率が非常に高い.
そして,ウェイトレス,ホテルマン,
小物売りの店員,そうした職業の人は,
ほとんど黒人の人である.

アジア系も少ない.
シアトルやバンクーバーに比べると,
本当に少ない.
会議の参加者以外にまだ日本人に会ったこともない.

ファストフードやショップに行くと,
どこから来た?と良く聞かれる.

Koreaか?Chinaか?それともTaiwan?

Japanという言葉が出てこない.
(しかし,これは単に私の外見の問題かもしれないが)

"Japan"と答えると,開いては本当にびっくりする.
Atlantaに来る日本人は少ないのだろうか.

ではAtlantaは何が有名かと言われても,
やっぱりいまひとつピンと来ない.
もちろんオリンピックの開催地ではあるけれど,
記念の公園がダウンタウンにあるだけで,
あとはそれを思わせるようなものは無い(ようだ).

(ちなみにこの公園では,噴水が有名で
音楽とともに噴水ショーを毎日見ることができる.
噴水ショーが開かれないときには,
子供たちが水着を着て,水遊びに呆けている.
私はそれほど感動しなかったのだけれど...)

他に有名なものは,コカコーラ,CNN等の
本社があること.
コカコーラの博物館がある.
またその近くの水族館も有名らしい.
CNNは,見学ツアーがあるという.
まぁ,来ら来たで楽しむことができると思うけれど,
それらを見るために,わざわざアトランタまで
来る人も少ないだろう.

料理も別に有名でもないし...
おかげで会議のバンケットの料理も簡素なもので
終わったし,出し物もゴスペルのコーラスがあっただけだった.
本当にビジネスの街なのだ.

映画ファンならば,マーガレット・ミッチェルの
「風と共に去りぬ」ということで興味があるかもしれない.
私は残念ながら,この映画を見たこともないし,
力強い女性の生き方にも興味がない.
だから記念館にも行く気になれない...

それよりはキング牧師の方が興味がある.
とはいえ,どこにも行かないけれど...

あるいはスポーツに興味があるならば,
野球のブレーブスとか,フットボールのブルドッグス(?)の
試合を観戦するのもいいのかもしれない.
確かに川上憲伸のサインボールはどこかに飾ってあった.
ただ,私はあまり興味がない.

とにかく,アトランタという街は
ビジネスのためにあるのかもしれない.
日本から来た客にはあまり興味が持てるものではないようだ.

来年のECCEはアリゾナのフェニックスで開かれるそうだ.
アトランタよりも何もなさそう...
やれやれ,である.

0 件のコメント:

コメントを投稿