2010年9月6日月曜日

電気学会電力・エネルギー部門大会(九州大学)

先週はバタバタしていて,バタバタしていて,
バタバタしていたので,ブログの更新を
滞らせてしまった.反省.

先週9月1日より3日まで,九州大学で開催された
電気学会電力・エネルギー部門大会に参加していた.
私も学生も発表はなかったのだけれど,
情報収集のために参加した.
学会は,最近の研究開発のトレンドを知るのに
もってこいの機会である.

9月1日は,8:00伊丹空港発のフライトで
9:15には福岡空港に降り立っていた.
しかし,そこからが遠い.
九州大学は伊都キャンパスということで,
福岡空港から電車とバスを乗り継いで,
およそ1時間かかるところにある.
キャンパスは素晴らしかったけれど,
学生の皆さんはたいへんかも.
(いや,学生の多くは近くのアパートに
住んでいるのか)

午前中に開催されていた座談会
「新しい電力・エネルギーシステムの要素技術」の
途中から参加する.
実はこの座談会を主催した協同研究委員会の
メンバーなのだけれど,十数回開かれた
委員会のうち,たった3回ほどしか参加できていない.
本当に申し訳ないのに,今回も途中参加.
申し訳ない気持ちでいっぱいであった.
しかし,内容は面白かった.
電力・エネルギー部門だと,どちらかというと
システムよりの話ばかりで,変換器などの
具体的なコンポーネントは少ないのだけれど
(いや,ケーブル,遮断器などはあるのだけど)
この座談会では,直流配電や非接触給電,
熱電併給のシステム,電力系統解析ツールなどの
個々の技術に話が及んでいて,興味深かった.
こうした具体的な技術の進展が,逆に
電力系統の展開に影響を及ぼすということも
ありうるのだろう.
またこうした話こそ,大学で研究するのに
適したテーマなのかもしれないと思う.

さて,その後は各セッションを渡り歩いた.
今回の部門大会で最も目立つのは,
「太陽光発電」である.5つもセッションがあった.
現在の電力業界のトレンドなのだと,
あらためて実感する.
産業応用部門ではないので,変換器の話ではなく,
発電電力の予測や,それにかかわる電力貯蔵装置の
設計論,あるいは変動電力を考慮した系統制御など,
そうしたものが中心である.
正直,ちょっと飽き飽きしてしまった.
予測の精度が上がれば,電力貯蔵装置の容量が
低減できるのは当たり前なのだけれど,
予測精度向上なんて,現在の限られた入手情報からは,
たかが知れているのである.
また逆潮流による配電線の電圧分布の
適正値逸脱などの話は,使えるツールは
もはや出そろっていて,それを使うかどうかは,
結局のところ電力会社がどれだけの資本をそこに
使用するかで決定してしまうのである.
確かにそうした技術の適用以前に,
その効果を事前評価することは大切だけれど,
そればかりでは面白くないなぁ,と
個人的には思ったのである.

もう一つ,セッション数が多かったのは,
「マイクログリッド」.
最近,スマートグリッドに押されて,
発表件数が少なくなってきたと思っていたのだけれど,
意外に3セッションも開かれて,人の入りも盛況だった.
九州電力が離島にマイクログリッドを導入することを
進めているために,発表件数が多かったのだろうと
思うのだけれど,本格的稼働はまだなので,
少し物足りない感じがした.
一方,ラオスに小型水力を主として太陽光発電を
導入した小規模系統の話は,具体性があって
興味を惹かれた.
結局,どれだけの電力貯蔵装置が必要となるのか,
ということなのだけれど,やはり実際に稼働し始めた
システムに発生する問題は何なのか,
予想外のことはなかったのか,
そうした話が面白い.

シンポジウムは,電気自動車の話.
トヨタ,日産,三菱と,各メーカの車の話と
スマートグリッドとの関係の話がメインで,
会場は盛況だった.
ただ各講演者が一生懸命話すものだから,
当初予定されていた議論の時間はほとんどなし.
最後に話された九州大学の合田先生が,
日本のスマートグリッドに関する規格の話が
あまり進展できていないことにいらだちを
感じていらっしゃることを話され,
印象深かった.

スマートグリッドに関して,
日本が規格の決定に対し主導的な役割を
果たすことの重要性は誰もが思っているのだけれど,
日本の電力会社がそれに対して,
積極的ではないために,結局スマートグリッドも
ガラパゴス化するのではないかという危惧は
誰もが持っている.
それを代弁されたのだけれど,
だからといって,誰かが動くわけでもない.
NEDOがアメリカに対してはいろいろ行っているけれど,
欧州についてはどうなのだろう.
結局,日本の電力会社が海外でビジネスを展開する気が
ないのだから,うまくいかないのであろう.
この部門大会は電力会社の方々が多いから,
自然,みな口が重くなる.
う~ん,なんとかならないかなぁ...

その他の話題としては,珍しいものを含め
50種類の焼酎が集められた懇親会,
iMievの試乗会等があったのだけれど,
それはまた次の機会に.
取り急ぎ,覚え書き程度で.

0 件のコメント:

コメントを投稿