2010年6月17日木曜日

「鋼の錬金術師」が面白い

私は今年で43歳になる.
いいオヤジである.
そのオヤジが見逃さずに観ている
アニメがひとつある.

「鋼の錬金術師 Fullmetal Alchemist」

である.
紹介しておいてなんだけれど,
あと3回で終了,最終回なのである.
この最後に向かって,物語が大変に盛り上がっていて,
目が離せないのである.

物語は,母を亡くした幼い兄弟が
錬金術を身につけ,禁忌である人体錬成を行うが
失敗し,兄は片腕,片足を失い,弟は全身を失い,
魂だけを鎧に固定するという結果となる.
失われた身体を取り戻すために,旅に出る,というもの.
兄弟は軍事国家の手先となって,
戦争の醜さなどを経験し成長していくが,
その裏側にあるホムンクルスと呼ばれる
人間ではないものの暗躍に気づき,
それらと相対することになる...

ということで,ホムンクルスとの戦いが
後半のメインになっていくのだけれど,
途中で,かなり暗い事件ばかり起きていく.

たとえば親が自分の幼い娘と飼い犬を
合成してキメラを作ったり,
軍事作戦の裏側に気づいた人のいい上官が,
その奥さんに化けたホムンクルスに殺されたり,と
かなり話が酷くて,観ているのが辛くなるばかりである.

しかし,だからこそ主人公の兄弟の
重く苦しい旅に価値があり,
それが現在の感動的なクライマックスへと
つながっている.

いや日本のアニメ,最高-(by 怪物くん)というくらい.
大人だからと言って,こうした話を見ないのは勿体無い.
毎週,息子と一緒に息をとめてい見ているのだ.
また次の放映日である日曜が来る.
楽しみだ.
しかし,あと3回で終了するというのが
本当に悲しい...
(これまで全部で61話を観たことになるのか...)

#マンガの連載も今月号で終了.
アニメと同じ結末なのだろうか?
結末を知りたくない!!!!

#ブログの話題が本やアニメに傾いているのは,
現実から逃避したいからかもです(笑)

1 件のコメント:

  1.  それにしても日立金属製の高性能冷間工具鋼SLD-MAGIC(S-MAGIC)の自己潤滑性の評価が高い。塑性加工金型のカジリを防ぐメカニズムが最近わかったようで、摩擦面に自動的にナノベアリング状の結晶が生成されるとのこと。耐カジリ性の指標であるPV値も通常の鉄鋼材料の6倍と世界最高水準と報告されている。
     これはどういうことかというと、例えば自動車のエンジンや動力伝達系部品のしゅう動面積を1/6にすることを意味し、大幅な軽量化による低燃費化が期待できることを意味している。トライボロジー技術にはまだまだ発展する力学的な未知が多いように思われる。

    返信削除